誕生!「三沢LOVER ~ホッキ貝のうた~」

三沢タイムズ:2016年12月05日

2016年9月~11月に行われた「音楽ワークショップVol.4 あなたの言葉が歌詞になる!みんなでつくる「ホッキ貝の歌」」から、「三沢LOVER ~ホッキ貝のうた~」が誕生しました!
ポップな曲調で一度聴いたら忘れられない、ついつい一緒に歌いたくなっちゃう元気になる歌です。

mml201612-2

このワークショップは、三沢市の市民団体「Misawa Music Lovers(MML)」(長堀晶代表)が主催。
全4回の講座で、作詞・作曲・編曲の基礎を学び、作詞に挑戦、そしてレコーディングを体験し、「三沢LOVER ~ホッキ貝のうた~」ができあがりました!10~70代の市民約20人が参加し、大盛り上がりの楽しいワークショップだったそう!

作曲は元・ピジョンズミルクのギタリスト三上宗一郎さん、編曲は橋口靖正さん、作詞はMOMOさんと橋口さん、講座参加者が担当。歌詞は、三沢を離れて暮らす娘へのお父さんの想いと、三沢へ帰省してくる娘の気持ちが表現されています。

次にこの曲が聞けるイベントは、2017年1月8日の三沢市成人式!大人数のMML合唱団で歌ってくれるそうですよ!
↓の動画は、2016年12月3日(土)となみウィンターファンタジーで披露されたものです。
これから三沢のご当地ソングとして、全国に発信されていきますので、市民の皆さんをはじめ、多くの方に覚えてもらって、みんなで応援しましょー!

★MML合唱団メンバー募集中!
Misawa Music Loversでは、歌が大好きな方、一緒にステージで歌うメンバーを募集しています。三沢市内の方だけではなく、市外の方も大歓迎。お子様からお年寄りまで楽しめる合唱団です。
合唱団へのお問い合わせはこちら↓
misawa.music.lovers@gmail.com

【三沢LOVERS ~ホッキ貝のうた~】

元気にしてるかい? 冬までもう少し 寂しくないよ すぐに会えるから
そうねもうこんな季節になったのね マフラー鞄に入れなくちゃ
オレンジに変わる空 もうすぐ迎えに行くから
今 見えてきた ターミナル

ただいま!

まばゆい イルミネーション 白く光る 三沢の街で
みんなでまた食べるよ 赤く染まる あのホッキ貝
心はいつもそばにある

ほんのり甘い チカラをくれる まるで宝箱
浜の香りが思い出させる いつでも帰れる故郷(ばしょ)

しばれる風を受けて 潤んで見た 三沢の景色
みんなでまた食べよう! 色とりどり あのホッキ丼
心はいつもそばにある

Surf clams make everybody happy
訳:ホッキ貝はみんなを幸せにする


« 前の記事: を読む